小学1年生のメモと夢

小学校1年生の長女に「お勉強ノート」と称した大学ノートを渡しています。

要は自由帳みたいなもの。

子どもには

「算数の計算に使いや」

「ひらがなの練習に使っていいよ」

と言って渡しているノートです。「お勉強」とは言うものの、小学1年生ですから好きなものを書いたらいいと思っています。

で、何を書いているかなと思いましてペラペラめくってみると、こんなメモが!

「人間は、本当は猿だった」

「夢は学校の先生になる」

以前聞いていた夢は歯医者さんだったのですが、学校の先生に変わったようです。

つまり、小学校の担任の先生がうちのつーちゃんにとって素敵な先生ということ。

登校拒否気味のときも優しくしてくれたもんね。そんな優しい先生になりたいんだろうな。

いや、それよりも猿!!!

猿が気になるで! なんでそれチョイスしたんや!

まあ、発信源は僕なんですけどね。

いろいろな人種・顔・体質・考え方の人がいないと、つまり多様性が無いと様々な面で悪いことがあるよ。だから多様性は大事なんだよ的なことを話した際に出した話。

文明の進化や病気蔓延のリスクみたいな。

そこで持ち出した話。

ダーウィン進化論。

首が長くなったキリンから、魚の種類の多さ、そして人間の祖先は猿だったこと。

「なんで?なんで?」攻撃がすごいので、いろいろ答えたんですが、記憶に残ったんでしょうね。衝撃的だったのかな?

うちの子供の心に響いたこと。それは、人間は猿だったということ。

子どもと文通したら面白いことになりそうな気がします(´・ω・`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アドセンス




気に入ったらシェアしてね

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス