仮想通貨ビットコインの投資方法を考えてみる〜利益確定型〜

仮想通貨。実態の無い危険な匂いしかない新しい通貨。お金の専門家である金融業界や著名人からも、「ビットコインを買う奴はバカだ」なる声もよく聞かれます。

つまり、真っ当なお金ではないということ。

お金とは政府の保証があるもので、どの通貨にも「中央銀行」なるものがあります。

中央銀行がお金を管理することで、お金の価値を担保しており、これが真っ当なお金の基礎となっています。

一方の仮想通貨は何の後ろ盾もありません。「俺が作ったお金」みたいなもの。

ただ、これだと何の価値もありませんが、「インターネット上に埋もれている有限のお金」だとどうでしょう。そして、上限が決まっているので利用者が増えれば希少価値が高まります。

最近では「ビットフライヤー(bitflyer)」「コインキャッシュ(coincash)」のCMも盛んに放映されていることからも、欲しがる人が多いことがわかります。

また、仮想通貨が広まりだしてまだ歴史が浅いこと、各国政府が仮想通貨の法整備を進めていることからも、当面はこの流れが続くと思います。

スポンサーリンク

「ビットコイン(仮想通貨)は詐欺だ」の理由

JPモルガンのCEOがビットコインは詐欺だと言い切り話題になりました。

多くの専門家から似たような声が上がっていますし、仮想通貨反対の声は非常に大きいものです。

仮想通貨に対して批判的になる最も大きな理由は「中央銀行」が無いことです。でも、みんなが使っているなら中央銀行なんて関係ないという考え方もありますね。

では、こういう話はどうでしょう。

仮想通貨は「インサイダー取引」「相場操縦」がまかり通る世界で、結局一般人が損をする。

情報量もない、資金力もない一般人は圧倒的に不利です。

規制の役割の1つに、誰かを守るというものがあります。「インサイダー取引」「相場操縦」はまさに一般人を守る規制。そう考えると、恐ろしくないですか?

仮想通貨は投資先の1つとしてはアリ

批判をつらつらと並べてきましたが、個人的には仮想通貨はアリです。ただし、余剰金の投資先としてです。

資産の多くを仮想通貨で運用している人はバカですけどね。大化けする可能性はもちろんありますが、暴落リスクを考えれば、バカです。

とは言え、仮想通貨はまさに上昇傾向にあること、人気が高まるにつれ発行数の上限から希少価値が高まることから、投資先としてはいいと思います。しかも上昇率がすごい!価値が倍になるなんて序の口ですからね。

じゃあどうする?遊びの範囲で投資しましょう。

痛くもかゆくもないお金を使う

先ほども述べましたが、仮想通貨はリスクが非常に高いです。

そして、価格の上下が大きいので、とんでもない損を出す可能性が高いです。

だから、無くなってもいいお金と考えられる金額を投資してください。

レバレッジはやらない

投資で大損したという話にはレバレッジが付き物です。

レバレッジとは、自分が用意した金額以上のお金を動かせて取引する仕組みです。例えば100万円しか持っていないのに500万円の取引ができるというもの。

もし、20%の価格下落があった場合はどうでしょう。

自分のお金だけで取引していれば20万円の損失で済みますが、500万円の取引をしていれば100万円の損です。

つまり、レバレッジを利用して取引をすると、全額無くなる、さらには赤字になる可能性があるということです。

株や不動産で借金を背負った人たちはみんなこれです。自分が持っているお金以上の取引をしたばっかりに、価格暴落で借金だけが残ってしまったんですね。

投資方法①ドルコスト平均法

相場が当面上昇基調だと信じ切れるのであれば、ドルコスト平均法がオススメです。

これは、毎月一定額を買い増ししていくという方法。

高い時に買ってしまうこともありますが、安い時に買えることもあります。

購入金額の平準化を図ることができますので、リスク回避になります。

そして、売却(円に戻す)時に標準化した投資額よりも仮想通貨が上昇していれば儲かります。

もちろん、仮想通貨が売却時まで下落基調であれば損しますけどね。

投資法②儲けた分を使ってしまう

リスクは無くなること。じゃあ、無くなる前に有効に使ってしまえということです。

方法は簡単。利益額を別の用途にあてがうということ。

例えば、10万円で仮想通貨を購入します。そして、上がるまで保持。

売り時は利益率20%以上でしょうか。12万円になった時に2万円分を売ります。

そして、2万円は実際に使ってしまいましょう。好きに使ってください。

勿体無いと思う人は、とりあえず貯金やタンス預金、なんでも構いませんので別の口座にお金を写してしまいましょう。

これで、仮想通貨への投資額が10万円から8万円に下がりました。でも、所持している仮想通貨は10万円。

これを繰り返せば、投資額が0円になります。

0円を過ぎれば、それ以降は損失リスク0%です。

この方法、普通預金では絶対無理ですし、株やFXでもかなりリスクを背負って狙わないと難しいです。

でも、仮想通貨であれば価値の上昇率も高いので、成功率は他の投資よりも高いです。

ただし、注意点があります。

はじめに高掴みしてしまうと、どうしようもなくなります。その場合はあらかじめ「何割下がったら売却する」という固いルールを作っておいてください。迷われる方は2割でいいと思います。

そして、価格の変動が収まるまで再度購入は控えてください。もう1度勝負し直しということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アドセンス




気に入ったらシェアしてね

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス