車に詳しくない私。AIにタイヤ摩耗を確認してもらう

一昔前のおじ様方は、自分で車のメンテナンスができた。

バンパーを開けて車の状態をチェック、タイヤの確認etc…

でも、皆さんは自分でチェックできますか?

たぶん、できるのは一部の車好きの方や車関係のお仕事をされている方ぐらいではないでしょうか。

僕も基本的には車の購入店の定期点検や、ガソリンスタンドで確認してもらいます(車を持っていた頃の話です)。

スポンサーリンク

車の最重要パーツの1つ。タイヤは摩耗する

タイヤは消耗品です。

輪ゴムが時間が経つと固く切れやすくなるように、タイヤも経年劣化をしてひび割れ・バースト(破裂)しやすくなります。

また、タイヤは削られていきます。

F1などのレースを見れば一目瞭然ですね。ブレーキ箇所やカーブではすごい勢いで地面が黒くなりますし、ゴム片が巻き上げられます。

一般の車でも似たような事が起こっているわけです。

タイヤの寿命

ということで、タイヤはいずれ交換しないといけないことは分かりましたが、交換のタイミングはいつでしょうか?

いろいろと調べてみましたが、統一の見解は無さそうな感じです。

結局、タイヤの品質と走り方で消耗具合が変わってくるので、なかなか一概には言えないようです。

メーカー側の姿勢としては

使用後5年でプロに確認してもらいましょう

製造後10年で交換しましょう

というものです。

まあ、車には定期的に車検もありますし、タイヤの摩耗が限度をを超える前には大抵の方が気付けるとは思います。

また、中古車とかは特に心配ですね。

車検を通ったばかりの車であっても、タイヤも中古品です。タイヤの状態を判断できない身としては、気軽に判断できる方法欲しいところ。

スマホやPCで簡単確認!オートバックス「かんたん タイヤ画像診断」

Webページ https://tc.autobacs.com/

こちらのページからお持ちの車のタイヤ写真をアップロードすれば、簡単にタイヤの状態をチェックしてくれます。

これは、オートバックスが独自に開発AIではなく、日本IBM社の提供するAI『IBM WatsonTM』の画像認識機能を活用したもので、AIの能力としてはIBMお墨付きです。

<かんたん タイヤ画像診断の流れ>

Step1 『かんたん タイヤ画像診断』のページ(https://tc.autobacs.com)へアクセス

Step2 サイトアクセス後、お客様のスマートフォンでタイヤの画像を撮影

Step3 撮影したタイヤ画像をアップロード

Step4 診断結果を摩耗度合いに応じて「大」「中」「小」の3 段階で表示

(出展:かんたん タイヤ画像診断)

手順は4つあります。サイトにアクセスして、写真を撮影&アップロード。そして結果表示。簡単ですね。

結果は「大」「中」「小」の3段階表示ですので、はっきりとした「替え時」を教えてくれるわけではありません。

ただ、はっきりとした判断はお店でしてもらえればいいです。こちらとしてはあくまでも「そろそろ替え時」ということを無用な営業トーク無しに知りたいだけですので。

また、注意事項としては、現在は乗用車用のノーマルタイヤのみということ。

スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤは対象外となっています。

車に詳しくない方、お店の営業トークが面倒・心配な方は、まずはこちらでチェックして見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アドセンス




気に入ったらシェアしてね

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス