運動会の必需品はキャリーワゴン?

(アイキャッチ画像出展:Coleman)

秋は運動会シーズンですね。もう行きましたか?

最近は運動会に色々と道具を持ち込む方が増えています。ローテーブルなど快適に過ごすためのモノですが、撮影のために3m超の脚立を持ち込んでいる方もw

運営側の規制でレジャーシート以外持ち込み不可なんてところもあるでしょうが、グラウンドの端を自由に使えるように開放している小学校もあります。こうなると待ち時間やお昼時を快適に過ごすために様々なアウトドア用品が威力を発揮します。椅子やらローテーブルやらまるで河川敷でのバーベキューするのかい!って装備を持ち込めば苦行を強いられる運動会の観覧も快適に過ごすことができます。

引っ越しやら転園やらで、僕が親として経験した運動会は8回6箇所となります。 色々な運動会を見てきましたので、運動会での親の準備や当日の...

でも、それらの装備の「持ち込み」が大変なわけです。ちょー大変。駐車場から運動場まで何往復もしなければならないわけです。もしくは自宅と運動場を何往復も…

スポンサーリンク

キャリーワゴン使えば楽チン!

こういうやつです。目にする機会も増えていると思います。

キャリーワゴンは一般的に100〜150リットルの容量がありますので大量の荷物を乗せることができます。

そして耐荷重は80〜100kgありますので、小学生が2、3人乗っても大丈夫です。

キャリーワゴンをベビーカー代わりに

荷物運びだけでなくベビーカーがわりにもなりますし、昼寝してしまった子供を寝かせることも可能(だいたい100cm以下の子供ならOK)。 こちらの商品は布地がメッシュタイプ。洗いやすく小さい砂などは網目から落ちるというのがセールスポイントになっていますが、風通しも良いため暑い時期に子供を寝かせるのに向いています。

スポンサーリンク

キャリーワゴンがテーブル代わりにも

キャリーに天板がついているものだとテーブル代わりにもなります。高さ的には椅子が必要ですが、アウトドアで重宝すること間違いなしです。

コールマンの赤いキャリーワゴンはかぶる!!!

このキャリーワゴン、めちゃくちゃ売れています!売れすぎて被りまくります!

先日行った運動会では持ち込まれたキャリーワゴンは21台。そのうち13台がコールマンのアウトドアワゴンの赤でした。赤でした。赤でした。なんと60%超えです!

おそらく、最近イオンモールに入っているアウトドアショップの店頭に置かれているからだと思います。「いいね〜便利そう!」ということで購入されているのだと思いますが、ちょっと売れすぎです。

ネットショップを見れば赤以外もたくさん販売されています。

最近流行りのベージュタイプです。キャンプに良く合いますね。

個人的にはインディゴタイプがオススメ。お値段は少し高くなりますが、みんなと違うものが欲しい場合はこれですね。

オシャレで安いキャリーワゴン

僕が所有しているキャリーワゴン です。コールマンは皆持ってる、安いのはちゃちいしダサいという理由で、なかなかキャリーワゴンが買えずにいました。

そんな時に発見したのがこちら。2019年から発売されているこの商品、タイヤも太く、折りたたみ時には自立するということで購入!

実際に使ってみましたが、タイヤが太いおかげであまり砂に埋まりませんし、子供を乗せてもスムーズに走ります。メーカーは「WAQ」という聞きなれない名前ですが、商品の評価もとても高く、アウトドア好きが求めている商品を作るという思いが商品からも感じ取れますので、これから伸びていく会社でないかと思います。

スポンサーリンク
アドセンス




気に入ったらシェアしてね

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス